2012年06月17日

生きる力

こんにちは。ベックです。今日も「ワクワク」していますか?



今日は普段とはちょっと違う目線で考えてみたいと思います。


あなたは「生きる力」を支える意識って何だと思いますか?

少しわかりにくい質問でしたか?

では、ある状況を想定しましょう。


現在、あなたは戦時中に生きています。

不運にもあなたは敵兵によって捕らわれの身になってしまいました。

とりあえずは捕虜となりましたが、この先のことは何もわかりません。


さて、このような状況で感じる意識は人それぞれです。

しかし、このような時にその人が感じる意識の違いが生死を左右するようなのです。

この意識が「生きる力」に関係しているとベックは考えます。

ですからこのような特殊な状況でなくても、普段から「生きる力」が強くなる意識を

感じていれば、そのような人は毎日がいきいきとしているということになります。


面白いですか?

ワクワクしてきましたか?


ではどんな意識が「生きる力」を強めるかを紹介します。


それは、

美しさを意識できる人

愛を実践する人

夢をすてない人

楽天的ではない人

詳細について興味のある方は下のブログを見てみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/royal_flash28/16390892.html

これはアウシュビッツ強制収容所から生還した人々に関する調査結果により

分類されたものです。

一番下の

楽天的ではない人

は別からの紹介です。これは、楽天的な人は現実に向き合わないので、結局は

耐えられなくなるからです。

先ほどの捕虜になった例でいくと、すぐに解放されるだろう、と安易に考えるのが

楽天的な考えです。ところが、一向に解放されないと楽天的な人の心はあっさりと

折れてしまうのです。なぜなら楽天的な人の楽天的な考えを支えるものは何もない

わけですから、当然くじけてしまいます。ですからしっかりと現実に向き合える人の

「生きる力」のほうが強いのです。

別の例としては、会社の経営に危機が迫っていても、自分が置かれている現実に

向き合わずに楽天的な言動を繰り返している経営者はどうでしょうか?

その経営者を支えている具体的な要素は何もないのです。

あるのはその経営者の楽天的な考えのみです。

あなたがその経営者の下で働いているとしたら、どう感じますか?



ちょっと話がそれました。

ベックがこれを記事にしたのは、

夢をすてない人

を、通所介護で活かすことができないかなぁ?

と思ったからです。

つまり「生きる力」には「夢」が必要なんですよ。

高齢者の方ってあまり「夢」をもっていない方が多いのです。

そうなると「生きる力」は低下してきますよね。

だからこそ、通所介護の利用者の方にいかにして「夢」をもってもらうかを考えるのが

今ベックの一番の関心事なのです。

人は「夢」をもっていると「ワクワク」します。

それがどんな過酷な状況でも「生きる力」となって、その人を支えてくれます。


あなたに「夢」はありますか?

一緒に「夢」を見ませんか?


それではまた!

ベックでした!

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれてありがとうございまするんるん応援よろしくお願いしますexclamation×2
タグ:介護
posted by ベック at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
恋愛祈願神社お教えします