2012年05月15日

タイミングって大事ですね

こんにちは。ベックです。今日も「ワクワク」していますか?



さて、6月から仕事が決まった関係で忙しくなってきたベックですあせあせ(飛び散る汗)


実はベックが6月から働くのは、

建設会社

です。

ある介護事業の構想をこの建設会社が以前から暖めていたようで、

介護事業のノウハウをもった人材を探していたとのことです。

その間に幸か不幸かベックが以前の勤務先を退職となり、求職活動を

していました。

そして建設会社の求人を出ていたのを見て応募したところ、採用となった

わけです晴れ

タイミングが人生を大きく左右するということを、改めて実感しました。



思えばベックの人生は順風満帆ではありませんでした。


高校時代にバイクに興味をもって、

バイクをつくりたい!

と思って工業大学の機械システム工学科へ進学しましたが、大学生に

なって実際にバイクに乗って満足してしまい、バイクをつくりたいという

気持ちはどこへやら・・・がく〜(落胆した顔)

こうなると人間ダメなもので、勉強する気が失せてしまうのですね。

結局同級生よりも2年間も多く大学に通いました。

ベックが2年間多く大学に行ったことを聞いた人はよく、

ずいぶんと勉強が好きだったんだね

とひやかしてくれますたらーっ(汗)

随分と親不幸なことをしました。


そして大学を卒業して地元の工業関係の会社に就職するも、すでに工業についての

興味もなければ、なぜ働くのか・働くことの喜び、ということすらわかっていませんでした

から長続きしませんでした。


結局1年ちょっとで辞めてしまいましたが、何かをやりたくて辞めたわけではないので、

とりあえず働こう、と思っていたのでしょう。大学生時代に家庭教師や塾講師を

アルバイトでやっていたので、大学予備校や看護予備校、小中学生の学習塾を運営

している会社の求人に応募しましたところ、採用となりました。


これが一つのターニングポイントになりました。


ベックが採用になった時期に、この会社でホームヘルパーの養成講座を開講し始めて

いたのです。

最初ベックは、英語とか数学の講師をやるんだろうなぁ、と思っていたのですが、講師の

仕事よりもホームヘルパーの養成講座の手配の仕事の方が次第に増えていったのです。

そうですよね。当時すでに少子化の影響で学習塾は下火になってきていましたし、介護の

方は介護保険導入直前でしたから、これからホームヘルパーをどんどん養成しましょう!

っていう流れでしたからね。


このような感じで、思いがけずに福祉の世界を垣間見ることになったベックでした。

これがベックが福祉に興味をもったきっかけになったのです。


理由はなんだと思います?


ホームヘルパーの養成講座を開く上で、現場の看護師や介護員の人たちに講師を

依頼したり、実技や実習の受け入れのお願いをしてまわるのですが、引き受けて

くれる人もいれば、断る人もいます。そして、ありがたく引き受けてくれた人とは打ち

合わせをしたり、実際の講義の様子を会場の後ろで聞いているわけですよ。

福祉についてはド素人のベックとしては目からウロコの話ばかりだったのです。

福祉の世界って素敵だなぁ・・・

当時のベックにはそのように思えたのです。


そこからベックの福祉への道が始まったのです。

これもタイミングですよね。


福祉の道に足を踏み込んだベックについてはまた後日です!

ベックでした!


人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれてありがとうございまするんるん応援よろしくお願いしますexclamation×2
タグ:介護 ベック
posted by ベック at 15:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
恋愛祈願神社お教えします