2012年04月20日

甘やかされた子ども@

こんにちは。ベックです。今日も「ワクワク」していますか?



ドライカースの書籍では次は「目的論」なのですが、

「甘やかされた子ども」

を先に紹介しましょう。


これは「育児」のあり方へのヒントとなるので、育児中の方は

必見です。


この「甘やかされた子ども」においてのキーワードは、

「秩序」

です。

「秩序」とは、

「その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり」です。


なんか「共同体感覚」に関連していそうですね。


人が社会で生活していく中で「秩序」は避けることのできない要素です。

しかしながらこの「秩序」の捉え方は人それぞれです。

そこに問題がある、とドライカースは言っているのだと思います。

しかも「秩序」の捉え方の形成には、親の影響が多大であることも

指摘しています。


具体的にドライカースの言葉を見ていきましょう。

―子どもが大きくなればなるほど、子どもに社会参加を教えるのは難しくなります。一度、自分自身のやり方に慣れてしまうと、どのような変化に対しても抵抗が日々に強くなります―

これは大人にも言えることですね。

子どもは親が困ることを要求してきます。

その場合に親は、

「まだ小さいからわからないからしょうがないね。そのうちわかったら

大丈夫になるだろうから、今は子どもの要求を受け入れよう」

と考えて、行動します。

これをドライカースは「甘やかすこと」と指摘しています。


では、甘やかした結果、子どもは何を得るのでしょうか?

それは、

―泣き叫ぶことで自分の思い通りにすることができるとか、少なくとも、母親に抱いてもらったり、腕の中で揺すってもらったり、あるいは、なだめるものを何かもらえるということを発見するのです―

という最初の重要な発見を得ます。


さてさて、この「最初の重要な発見」

子どもの「秩序」への捉え方の重要なキーワードになります。


いかがですか?

続きは次回です。ベックでした。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれてありがとうございまするんるん1位までもう少しです手(チョキ)
タグ:アドラー
posted by ベック at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成果をあげる原則E

こんにちは。ベックです。今日も「ワクワク」していますか?



あなたは仕事がうまくいっていますか?


さてドラッカーの「成果をあげる7つの原則」の続きです。

6つ目は、

「悪いくせを直す」

です。

当たり前のようなことですが、別の視点から見ていきましょう。


これは自己のマネジメントの必要性を指しています。

ドラッカーは自己のマネジメントの必要性を、

―より完全なものを求めたい―

―神が見ている―

という表現で説明しています。


あなたは今の自分で満足していませんか?

あなたは自分の悪いくせを直そうとしていますか?


自己をマネジメントすることで、自分の悪いくせに気づき、

その悪いくせを直し、自分を更に高みに到達させることが

できます。


そのために必要な気持ちが、

―より完全なものを求めたい―

なのです。


人はみな最後まで不完全です。

ですから死ぬ直前まで、より完全なものを求めて、

悪いくせを直すことが重要なのです。


そして

―神が見ている―

という見方が、自己を厳しくマネジメントするためには有効です。


ドラッカーはギリシャの彫刻家のフェイディアスのエピソードを

紹介しています。

―フェイディアスは彫刻の裏側まで丹念に彫った。「誰も見ないところまで、
どうしてそんなに丁寧に彫るのか」と聞かれて「神が見ている」と答えた。
フェイディアスは自己のために完全を求めたのだ―


いかがでしょう?


人は誰も見ていないと思うと、楽をしようとしがちです。

あなたは誰も見ていなくても手を抜かずに仕事をしていますか?

神が見ていますよサーチ(調べる)

神が見ていると思って、あなたの仕事のやり方を再確認してみると

自分の悪いくせに気づけるということですね!


次回が最後です。ベックでした。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれてありがとうございまするんるん1位までもう少しです手(チョキ)
タグ:ドラッカー
posted by ベック at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
恋愛祈願神社お教えします